NEWS

田口 淳之介「Dimensions」発売

田口 淳之介「Dimensions」発売

  • Release

井上 純がプロデュースした「Dimensions」がUniversal Musicより発売されました.

JAZZY BEAT RECORDS と TOKYO TUNES レーベル統合のお知らせ

JAZZY BEAT RECORDS と TOKYO TUNES レーベル統合のお知らせ

  • Info

6月1日付で「JAZZY BEAT RECORDS」と「TOKYO TUNES」は統合し,新生レコードレーベル「TOKYO TUNES」としてスタートいたしました.この再編統合により「TOKYO TUNES」ブランドのさらなる強化を目指し,事業の核となるレーベルビジネスとマネジメントビジネスのシナジー効果を高めてまいります.

田口 淳之介「Connect」発売

田口 淳之介「Connect」発売

  • Release

井上 純が田口 淳之介と共同プロデュースした「Connect」がUniversal Musicより発売されました. 記念すべきメジャーデビュー作は,「つながること」をテーマにしたコンセプト作品.Music Videoには,2020年の東京オリンピックで正式種目となるスケートボード,サーフィンのトッププロ選手が出演しており,時代を先取りする内容となっている.

ディズニー「BRASS BAND DISNEY !2」

ディズニー「BRASS BAND DISNEY !2」をプロデュース

  • Release

井上 純と北川 暁がプロデュースしたディズニー公認のブラバンコンピレーションアルバム「ブラバン・ディズニー!2」が3月22日に発売されます. 全日本吹奏楽コンクール常連の強豪3高による,高校生にしか出せない青春サウンド.爽やかに,そして,戻ることのない青春の1ページに部員全員の思いを音にして詰め込んだ珠玉のブラバン・アルバム第二弾!

田口 淳之介 神戸コレクションに登場

  • Info

田口 淳之介が,3月4日に行われた神戸コレクションのドコモステージで,モデルとして初ランウェイを歩きました.

田口淳之介

田口 淳之介メジャーデビュー決定

  • Info

田口 淳之介が,ユニバーサルミュージックと2年間の専属アーティスト契約をしました.

チャン・グンソク「抱きしめたい」

チャン・グンソク「抱きしめたい」をプロデュース

  • Release

井上 純がプロデュースしたチャン・グンソク「抱きしめたい」がEMI RECORDSより発売されました. ギターにYukihide YT Takiyamaをフィーチャーしたロックバラードは,三浦 智和がディレクションを担当.北川 吟と井上 純がソウルにてボーカルを録音し,Yukihide YT Takiyamaはロサンゼルスでギターを録音.ミックスダウンは東京のJI STUDIOにて行ったチャン・グンソクらしいワールドワイドなプロダクションのシングル.

Silky Voice「Stand By Me (feat. Mankato Isogai)」

Silky Voice「Stand By Me (feat. Mankato Isogai)」発売

  • Release

井上 純のソロプロジェクト,Silky Voiceの7枚目のシングル「Stand By Me (feat. Mankato Isogai)」がJazzy Beat Recordsより発売されました. ボーカルには渋谷でのストリートライブで話題の磯貝 マナトをフィーチャリング.エレクトリックなトラックとフォーキーな磯貝 マナトのボーカルが儚いバランスでミックスされた日本語 Dance Pop ソング.

田口 淳之介「HERO」

田口 淳之介「HERO」発売

  • Release

井上 純が田口 淳之介と共同プロデュースした「HERO」がImmortal Recordsより発売されました. 自分の力でスタートすることをテーマに制作された田口 淳之介の記念すべきソロ第1作.作詞・作曲だけでなく,ジャケットアートワークまで田口 淳之介が自らのこだわりを貫き通しました.TO THE NEXT LEVEL,次のレベルへの飛躍を感じさせるこの挑戦作が多くに人の心に響きこだまして,田口 淳之介の新しい道を照らしていくことを予感させます.

DTM STATION

藤本 健「DTM STATION」にインタビュー掲載

  • Info

井上 純のインタビューが,日本の音楽業界でもっとも影響力のあるブロガー・藤本 健さんの「DTMステーション」に掲載されました. 藤本さんが作り出すリラックスした雰囲気の中で,井上 純が音楽プロデューサーとしてスピーカー選びのこだわりと,ジャニーズ事務所での経験からロースクール入学,独立までの自身のキャリアを初めて語りました.

1 2